雲と山とそよ風

「充実感」について、どのように感じているかな。「絵描き」とは、みんなにはどのように思われているんだろう。別に真面目に考えたりする気分になったわけじゃないよ。
トップページ >
ページの先頭へ

どしゃ降りの祝日の午前はカクテルを

最近、小説をぜんぜん読まなくなった。
30前の頃は、ほぼ毎日読んでいたけれど、最近、仕事があるし、読む時間をつくりにくい。
時間があっても、ゆったりと小説をじっくり読むという心になかなかなりにくいので、見ていたとしても楽しく感じられない。
だけれど、かなりはまる小説に何年ぶりかにに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説がかなり好きだから、二人が新人賞をとった群像文学新人賞が私の好みのものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
しかし、次の世代の光っている若手がいないかと気にかかるからまた読んでみたい。
しかし、純文学だからと無理に難しい言葉を並べているけれど中身が伝わりにくいものも多いから残念だ。

ノリノリで自転車をこぐ兄弟と突風
作家の江國香織の作品に出る女性陣は、どこかクレイジーである。
話に出せば、落下する夕方の華子。
他にも、がらくたの柊子。
それと、ウエハースの椅子の女性画家など。
江國香織の持っている部分を、文章にして表現した形かもしれない。
最高にクレイジーなのが、「神様のボート」で登場する葉子。
もしかすると迎えに来る可能性もあるあのひとを待ち、たくさんの場所に引っ越しをする。
恋人を絶対に忘れないよう、絶対会えると信じて。
しまいにママは現実を生きていないと愛娘に言われてしまうが、この女性には全く響かない。
というのが、この文庫本の究極にクレイジーな見せ場だ。
個人的には、ウエハースの椅子にはあまり座れないけれど神様のボートには乗ってもいい。
江國香織さんの書く、クレイジーだけど可愛くてちょっと弱々しい主人公が大大大好きだ。

雪の降る月曜の夜明けは立ちっぱなしで

先日の朝刊に、日本人女性の眉毛のデザインに関して、面白い記事が載っていた。
真実が分かれば、実に色っぽさも感じられるので不思議だ。
一見すると、奇妙なものにも見えるが、その昔は既婚者である女性の印だという。
なるほど、と思えば、急に色気まで感じられるので面白い。

そよ風の吹く祝日の早朝は読書を
離れた故郷で暮らすお母さんも孫の為として、ものすごくたんまり手作りのものを縫って届けてくれている。
アンパンマンがとても気にいっているのだと話したら、話したキャラの生地で、作ってくれたが、裁縫するための布の価格がめっちゃ高額でびっくりしていた。
仕立てるために必要な布は縦、横、キャラクターものだと上、下も向きが存在していて手間だそうだ。
なのに、しかし、たくさん、ミシンで縫って作ってくれて、送ってくれた。
孫娘はとっても愛らしいのだろう。

月が見える仏滅の午後にカクテルを

出張に出ると、1週間近く帰ってこれない日々がある。
その最中は、やる気はあるけれど、凄く気を張っているので、2時間睡眠。
起床予定時間の相当前には、目が覚めてしまう。
けれど、家に帰ってきたときの解放感は大好き。
狂ったように遊んでしまうし、寝るし、しっかり食べる。

雲が多い仏滅の夕暮れに歩いてみる
しかもお客様は、だいたい日本からの観光客という様子だったのでその雰囲気にも驚いた。
その上お客様は、ほとんどが買い物目的の日本人という状態だったので、その不思議な光景にも驚いた。
それは、韓国製の化粧品は肌に良い成分が多く含まれているとか。
もちろん、スキンケアにも惹かれるけれどショップの店員さんの日本語能力にも凄いと思った。
少しだけなのかもしれないが、日本語が上手い。
私たちは、ちょっとだけ英語を使用できると思って向かった韓国旅行だけど、最後まで話すことはなかった。
口にする機会が多いほど、努力次第で外国語をマスターできるということを証明してくれたような旅行だった。

悲しそうに歌う先生と紅葉の山

少年はものすごく空腹だった。
来週から夏休みという頃、学校からトボトボと帰宅している時だった。
セミがもう騒がしく鳴いている。
陽の光は強く、夕方にもかかわらず、まだ陽は高かった。
少年は汗を流しながら一人で歩いていた。
友達と一緒に帰るときも多いが、今日はあまりにもお腹が減っていたので、とっとと帰宅してとにかく何か食べたかった。
少年が食べるつもりなのは、昨夜のカレーの残り。
昨日のカレーは、たしか鍋に少し残っていた気がする。
ご飯だってたぶん、冷や飯が冷蔵庫に入ってたはず。
少年は期待をこめて、足早に家へと向かった。
すると体中に、汗がもっと流れてきた。

笑顔で口笛を吹く姉ちゃんと季節はずれの雪
一度も行ったことはない、だが、暗くなってからの動物園は、夜に活動的な動物がたいそう活動的で見て満足できるらしい。
気になってはいても、暗くなってからの動物園は動物を観察しに行ったことがないけれど、子供がもう少しだけ夜もおきていれるようになったら見てみようと妻と話している。
もう少し大きくなったら、間違いなく、子供も喜んでくれるだろうから。
通常の動物園と異なったムードを私も家内もちょっとは味わってみたい。

どしゃ降りの木曜の夕暮れは足を伸ばして

少年は真夜中の3時に目が覚めてしまった。
夏休みもすでに10日程度経った夏のことだった。
あまりの暑さに寝が浅かったのだろうか。
せんぷうきは生暖かい風を送るばかりで、全く涼しくならない。

眠れないし、お腹も空いたので、少年は大好物のカレーを作り始めた。
冷蔵庫を開け、野菜と肉を切りそろえ、炒め、そして煮込んだ。
夜が明けるころには、家中に芳ばしいカレーのいい匂いがしてきた。

風の無い日曜の午前に焼酎を
はるか遠い昔になんとなく見た映画が、ビフォアーサンライズで、日本語のタイトルは「恋人までのディスタンス」という。
当時20歳くらいだったお姉さんに、「感動の作品だよ」と話を聞いた物語だ。
旅の途中の電車の中で出会ったアメリカ人のジェシーと、フランス出身のセリーヌで、少しだけオーストリアを旅するストーリーだ。
この話の構成の変わっているのは、これだ!というパニックシーン、もしくは盛り上がりなんかが、見られないという点。
会ったばかりの2人は、愛することとか生と死といったことについてひたすらディスカッションする。
当時中学校2年生の私は、経験不足で幼く、退屈だと思いながら観賞した物語だった。
といいつつ、先日、たまたまDVD屋さんにて見つけ、これはあの時のと思い借りてみたところ、超心に響いた。
好きなのは、レコードショップで、ケイス・ブルームのカムヒアを聞きながら視線を投げあうところ。
ジェシーとセリーヌの帰国の際、要は、お別れの時、そこでクライマックスを迎える。
見た当時はぴんと来なかったこの内容、時間をおいて見てみると、またまたく違う見方になるのだろう。
見終わった後、ケイス・ブルームのカムヒアが入ったCDを、ツタヤで見つけて聞いてる最中。

サイトコンテンツ

サイトコンテンツ

Copyright (c) 2015 雲と山とそよ風 All rights reserved.