雲と山とそよ風

「カレ」のこと、どう思う?「少年」とは、一般的にはどんな感じで考えられているんだろう。べつに真面目に考えたりするわけじゃないんだけどね。
トップページ >
ページの先頭へ

陽の見えない仏滅の昼に冷酒を

夜、目が冴えているときに、借りてきたDVDをなんとなく見る。
昨夜観賞したDVDは、「エスター」というアメリカの映画だった。
主人公の、エスターと言う子は賢いけれど少々クレイジーな子ども。
エンドには驚くべき結末が隠されている。
これを見ている経過で、隠された事実が分かる人がいるのか疑問なくらい意外すぎる終わり方。
というのは、ビックリとするわけでもなく、とにかくゾッとするような結末だった。
映画は、目が冴えている私の夜の時間を楽しませてくれる。
と言いつつも、絶対お酒とおつまみも一緒なので、体重が増加するのが怖い。

ぽかぽかした木曜の夜は歩いてみる
ちいさいころから、読書は嫌いじゃありませんでしたが、暇なときに、親が買ってくる本や図書館にある本を読んでいました。
ちゃんと楽しんで進めるようになったのは、高校時代。
授業で、吉本ばななさんのムーンライトシャドウを読んでからです。
ストーリーは、恋人を失った主人公さつきの、高校のときの思い出からの幕開けです。
恋人が死んでしまう経験なんて当時も今も、もちろんありません。
だけど、当時の私に主人公の悲しい気持ちが重なってきました。
今までにない感情でした。
主人公と、私の年が近かった事、それもひとつの理由だと思います。
その帰りに、その文庫本を買ったのが本購入の初めてでした。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔の小説ですが、永遠に色あせない名作かもしれません。

そよ風の吹く週末の夜に微笑んで

オフィスで勤めていた時の大好きな先輩は、社長の娘で、誰が見てもセレブそのものだった。
小さくて愛嬌があってハイテンションで、動物好きの先輩。
動物愛護グループなど設立して、頑張ってキャンペーンをしているようだった。
毛皮反対、ビーガン、動物実験取りやめ賛成。
ちょっと前に、マンションに訪問したことがある。
高級住宅地にある上等なマンションで、六本木ヒルズが見える。
その先輩、手入れの行き届いた上品な猫ちゃんと一緒に住んでいた。

勢いで体操する父さんと花粉症
見とれるくらい美人さんに会ったことがありますか?
過去に一度見かけました。
バスの中で20代後半くらいの方。
女の私ですが、ときめいてしまいました。
どれだけケアをしているか、という自分の努力もあると思います。
だけど、本人から醸し出るオーラは多分ありますよね。
本当に素晴らしい人が多くいるんだなーと思いました。

泣きながら自転車をこぐ兄さんと観光地

今更ながら、ニンテンドーDSに虜にされている。
最初は、英検対策に英語漬けや英語のソフトを中心にしていたのみだった。
しかし、ヤマダ電機でソフトを選んでいたら英語関係以外もついつい見てしまい、結局購入してしまう。
ピクロスDSやクロスワード、どうぶつの森など多数。
変わったソフトで、中国語講座も出ている。
これだけあれば、待ち合わせなどの、退屈な空き時間には活躍しそうだ。

雨が降る休日の夜は友人と
だいたい、仕事や家の中の事に追われてしまい、そこまで空いた時間がない。
隙間の時間が手に入っても、自然と次の仕事のスケジュールなど、今後の詳細が頭の隅にある。
そんな状態で一日休みができると、非常に嬉しくなってしまう。
では、少しの休日をどうやって使おうかと。
結局毎回、あれもしたい、これも、という希望のみが重なり、全部は達成できない。
特に私はマイペースなので、考えているうちに時間は経過。
時は金なり、という言葉は本当に的確だと感じる。

天気の良い金曜の明け方に料理を

このごろは、近くの海に釣りに道具を持っていってない。
日々、めっちゃ忙しくて疲れていて行けないというのもあるが、しかし、たいそう暑すぎるので、出かけづらいのもあることはある。
それに加え、通りがかりでいつもの場所を見て、釣り人に聞いても多く釣れている気配が全然ないから、必ず行きたいとは思えない。
とてもかなり釣れていたらすぐにでも行きたくなるのに。

蒸し暑い仏滅の午後はお菓子作り
明日香は、高校を卒業してすぐに仲良くなった親友だ。
彼女の良い部分は、受け入れの幅が広くて、小さなことは、気にもしていないところ。
私が仲良くなりたいと話かけたそうだが、覚えていない。
一緒に出掛けると、すべてがシンプルになるので、とっても楽に生きれる。
引き締まっていてスキニーなのに夜中にハンバーグを注文しに行ったりするらしい。

息絶え絶えで自転車をこぐ先生と季節はずれの雪

南九州の年配の主婦の方は、いつも、お花を墓前にしているから、そのために、切り花が多量に必要で、菊農家も山ほどいる。
晩に、原付で走行していると、菊の為のの照明がちょくちょく晩に、原付で走行していると、菊の為のの照明がちょくちょく視野にはいってくる。
住まいの光源はすごく少ないかたいなかとはいえ、菊の為の明かりはちょくちょく視認できる。
菊の為の電灯はしばしば目についても人通りはめちゃめちゃほんの少しで街灯の光もめっちゃ少なく、物騒なので、学生など、駅まで迎えにきてもらっている学生ばかりだ。

夢中で泳ぐ兄さんと暑い日差し
友達とお昼に計画をしていた。
天神の駅のいつもの大きめのテレビ画面の前。
早めについて待っていると、30分くらい遅くなると連絡が入った。
巨大なテレビの前は待ち合わせ場所なので、待ち人も次第に去っていく。
スマートフォンで音楽を聴きつつ、それをぼーっと見ていた。
それでも暇なので、近くのカフェに入って、ジンジャーエールを飲んでいた。
30分たって、友達が遅くなってごめんね!と言いながらやってきた。
お昼どこはいる?と聞くと、パスタにしようと言った。
色々まわってみたけれど、良い感じの店を探しきれなかった。

サイトコンテンツ

サイトコンテンツ

Copyright (c) 2015 雲と山とそよ風 All rights reserved.